顧問弁護士について(平成18年7月4日)

顧問弁護士は医師に例えると「かかりつけ」の弁護士です。日々の相談をお受けしていると、「もう少し前に相談頂いていれば良かったのに」と思われる事例が多く、「転ばぬ先の杖」として、平素からお気軽に御相談頂くことが大事であると考えます。

1、当事務所では、電話法律相談(03−3248−5791)を受付しており、一般論の回答であれば、費用を頂かずに弁護士から回答致しております。顧問契約を頂いていない企業様・個人様でもいつでも御相談いただくことが出来ます。

2、資料を拝見するなどして具体的な御相談をなさり、事件を担当させていただき、継続的に、法律問題の御相談をされたいということであれば、新銀座法律事務所との間で、弁護士顧問契約を締結していただくことができます。顧問料は、会社の事業規模・事業内容・相談内容により変わりますが、概ね月額2万1000円以上にてお受け致しております。法律相談料が無料となり、書類鑑定・作成・代理人業務について、顧問料を控除して御依頼頂く事が出来ます。また、会社HPなどで「顧問弁護士」の表示をしていただく事ができます。個人様でも御事情によりお受け致しますので、いつでもお問い合わせ下さい。

3、御希望の場合は、一度、具体的な法律問題について、所長弁護士の有料相談(1時間以内10500円)を受けていただきます。その際、顧問契約を御希望の旨をおっしゃって頂くと共に、事業内容や事業規模等についてお話頂きます。基本的に、どのような会社の御依頼でもお受け致しますが、事業内容に倫理的な問題がある場合や、法令違反の恐れがある場合には、お受けできません。その点について、数日お時間を頂き、簡単な審査をさせていただきます。

4、問題が無ければ契約書を取り交わし、翌月から顧問弁護士を担当させていただきます。契約後直ちに、相談内容を考慮し、担当弁護士を2名決定しますので、通常の連絡は担当弁護士宛に頂きます。もちろん、随時、所長弁護士に御連絡頂くことも可能です。

5、担当弁護士と意見が合わない場合や、相談内容や量に変化が生じた場合は、顧問契約を随時変更する協議をします。その他、御不明な点がありましたら、いつでもお電話(03−3248−5791、顧問弁護士担当)までお問い合わせ下さい。

トップページへ戻る